ギター_用語集



スケール(弦長)とは

スケールとは、弦長(ナットからサドルまでの長さ)についてです。


ロング・スケールとは

ロング・スケールとは、弦長が648mmになるように作られているギターです。

ストラトキャスターに代表される長さであり、エレキギターで最も一般的なタイプです。

(通常より長いサイズというわけでは無いので注意が必要です。)


このスケールの特徴は、同じチューニングでも弦の張り(テンション)が強くなることにあります。

力強くピッキングしても弦振動が小さくので、速いピッキングがしやすいといえます。

ロングスケールのギターには、テンションを抑えるためにライトゲージ(09-42)の弦を張る場合が多いです。


ミディアム・スケールとは

ミディアム・スケールとは、弦長628mmを基本に作られているギターです。

レス・ポールに代表される長さです。

このスケールの特徴は、テンションは弱くなるので、弱い力でチョーキングやビブラートがしやすいということが挙げられます。

ミディアムスケールのギターには、テンションを挙げるためにミディアムゲージ(10-46)の弦を張る場合が多いです。


その他スケール

ショート・スケール(弦長が609mm)やバリトン・ギターと呼ばれるスーパー・ロング・スケールなどもあります。


リズムについて

スウィング(Swing)とは

スウィングとは、ジャズで用いられるハネたリズムのことです。

スウィングは「揺り動かす」という意味で、体が自然に揺れ動いてしまうリズムを指します。

スウィングのカウントは8分音符を3連符にして、3連符の1番目と3番目を弾くことになります


シャッフル(Shuffle)とは

シャッフルは、スウィングと同じくハネたリズムのことです。

ただし、シャッフルという言葉はブルースやロックなどの音楽の中で使われる用語です。

スウィングという言葉はジャズで使う用語といえます。


イーブン(Even)とは

イーブンとは、8分音符を「跳ねない」でそのまま弾くリズムのことです。


JAZZ関係用語

ツーバース、フォーバース

ジャズでは、楽器間のかけ合い演奏を行う手法が頻繁に用いられます。

その際、2小節で交代することを「ツーバース」、4小節を「フォーバース」、8小節を「エイトバース」と呼びます。


クロマチック・アプローチ・ノート

クロマチック・アプローチ・ノートとは、スケール外の音からスケール音に、半音でつなげる音使い。

経過音としてクロマチック・スケールを使う方法があります。

スケール外の音は長く伸ばすと違和感があるので短く切って使用します。


アベイラブル・ノート・スケール

使用可能(available)な音で構成されたスケールのこと。

ドミナントで、オルタード・ドミナントスケールを使うなど。


音部記号について

ト音記号は英語の「G」を図形化したものであり、五線の下から2番目の線がG音(ソ)であることを示す記号です。

ヘ音記号は英語の「F」を図形化したものであり、五線の上から2番目の線がF音(ファ)であることを示す記号です。


エフェクターのバイパス方式

トゥルーバイパスとは

トゥルーバイパスとは、エフェクターがOFFの時、擬似的に「接続していない」状態を作り出すバイパス方式です。

OFFになっているエフェクターは、ギターサウンドに影響を及ぼさない状態となります。(とはいえ、バイパス回路を通るため、音質が変化します。)

また、使用時の環境等によって、スイッチを押すとポップノイズと呼ばれる「ポン」という音が出てしまう場合があります。


バッファードバイパスとは

バッファードバイパスとは、エフェクターがOFFの時、本体に組み込まれたバッファ回路を通るバイパス方式です。

ON時とOFF時にギター信号の強さ(インピーダンス)が変わることを防ぐので、ポップノイズを抑えることができます。

ギター信号をロー・インピーダンスに変換するので、音の劣化を抑えることができます。(エフェクターを接続しない場合と比べて、大きく音質が変化します。)


インピーダンス

インピーダンス(交流抵抗)とは

インピーダンスとは、交流電流に対する抵抗を意味しています。

「電圧」は電気の圧力、「電流」は電気の流れ、「抵抗」は電流を流れにくくする力を表します。

単位はΩ(オーム)です。


ハイ・インピーダンス

ハイ・インピーダンスとは、電流に対する抵抗値が高いという意味です。

ハイインピーダンスは、微小な電流でシグナルを伝送できる、つまり少ない電流でスピーカーシステムを鳴らすことができます。


ギターから出力される電気信号はハイ・インピーダンスです。(一般的なパッシヴ・ピックアップの場合が該当します。)

ピックアップの磁石で、効率良く弦の振動を拾うためにハイ・インピーダンスは優れた回路といえます。


ただし、ハイインピーダンスはノイズに弱い欠点があります。

例えば、3メートルのシールドと、15メートルのシールドでは、音が劣化(俗に言うハイ落ち)することになります


ロー・インピーダンス

ロー・インピーダンスは、電流に対する抵抗値が低いという意味です。

ローインピーダンスはノイズに強く、音の劣化を防ぎます。

ローインピーダンス化するデメリットは、少なからず音質の変化を伴うことです。


関連ページ



スポンサード リンク