CSS



CSS(Cascading Style Sheets)とは

Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)とは、HTMLXMLなどのマークアップ言語において、要素の表示形式を指示する定義情報です。

CSSを利用することで、マークアップ言語の文書構造と表示形式を分離して定義することが可能になります。

World Wide Web Consortium (W3C)によって勧告された仕様となります。


コメントの記述

h2 { color:blue; }    /* header 2 is blue */

C言語と同様のコメント形式が採用されており、「/*」と「*/」で囲むことでコメントなります。

なお、コメントを入れ子にすることはできません。


CSS文法


CSSレイアウト

CSSで段組を構成するには、通常floatかpositionを用います。


floatとpositionの違い

floatは、コンテンツ記述スペースに対してウインドウサイズが広いときに、空きスペースを利用するための構成です。そのため、ウインドウサイズに余裕が無い場合には段組みを取り消します。

positionは、どのようなウインドウサイズであってもレイアウト(段組み表示)を変えないときに利用するための構成です。

float及びpositionプロパティは、ブラウザによって解釈が異なることがあるため、特性をうまく使い分ける必要があります。


基本的に、簡単なレイアウトはfloatを使い、複雑に固定位置を構成するレイアウトではpositionを使うといいといえます。

基本のレイアウトを変更せずにコンテンツを追加する場合では、floatよりpositionのほうがメンテナンス量が多くなります。

floatでは配置できない位置に要素を配置したいときなどはpositionを使うべきといえます。


レイアウトの作成方法

CSSレイアウトの説明を以下に記述します。



スポンサード リンク