CSSの指定方法



CSS 指定方法

スタイルシートの設定方法は、大きく分けて3つの方法があります。


外部ファイルによるCSS指定

head要素の中で「linkタグ」を定義することで、外部保存したCSSファイルを読み込むことができます。

外部CSSファイルを定義することで、複数のHTML文書で共通のスタイルシートを適用することができます。

CSSの外部ファイルは通常「.css」という拡張子をつけて保存します。


下記の設定例ではcssディレクトリ配下の「style.css」ファイルをHTMLに適用します。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

<head>
 <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
 <link href="./css/style.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
 <title>TITLE</title>
</head>

<body>
</body>
</html>

要素単位の定義(style属性)

特定要素のみにCSSを適用させる場合、style属性に指定します。

スタイルを適用する対象はタグによって明らかなので、style属性ではセレクタを用いず、宣言のみを記述します。

当該属性を指定している要素1カ所のみに対して適用されます。同じ要素タイプでも他の場所にある要素には反映されません。


<p style="font-size:12pt">CSSの適用</p>

ファイル単位の定義(style属性)

head要素の中でstyle属性を宣言し、スタイル定義を記述することで、当該HTML文書の全体を通して共通のスタイルを設定することができます。

外部ファイルと同様、type属性を指定しなければなりません。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

<head>
 <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
 <title>TITLE</title>
 <style type="text/css">
 <!--
 p { font-size:12pt }
 -->
 </style>
</head>

<body>
</body>
</html>

関連

CSS




スポンサード リンク