C_Sharp-ファイル作成と実行



C#ファイルの作成

C#のファイル名と拡張子について

C#言語で用いられるファイル拡張子は「.cs」です。

ファイル名は任意に決定することができます。

(Javaのようにファイル名とクラス名を一致させる必要はありません。)


C#のHelloWorldプログラム

C#言語でのHelloWorldプログラムは以下の通りです。

C/C++言語のように小文字で「main()」と記述するとコンパイルエラーとなります。

class Hello 
{
    static void Main() 
    {
        // 文字列を出力する
        System.Console.WriteLine("Hello World!");
    }
}

メソッド(関数)について

C#では、全てのメソッド(関数)はクラスに属する必要があります。クラス外にメソッドを定義することができません。

また、プログラムのエントリポイント(実行開始点)はclass内の静的なMainメソッド「static <type> Main()」です。

Mainメソッドが複数存在した場合には、コンパイルエラーが発生します。(/mainオプションを利用することで回避できます。)


コメントについて

ソースコード中に記述するコメントの表記はC++と同様です。

// 一行コメント

/*
   複数行コメント
 */

Windows環境におけるC#の開発と実行

VisualStudioを利用したC#開発環境の構築

Windowsにおける開発環境としては、統合開発環境である「VisualStudio」を利用することが推奨されます。

VisualStudioをインストールすることで、C#プログラム開発における基本的な機能が全て利用できます。

「Microsoft Visual Studio Express」または「Visual C# 20XX Express」が無償で利用できます。


VisualStudioを利用しないC#開発環境の構築

統合開発環境を利用することなく、エディタとコンパイラだけで開発したい場合には、「.NET Framework」のみをインストールします。

「.NET Framework」にはC#向けコンパイラ(開発者向けの SDK ではなく、アプリケーション機能に必要なランタイムのみでも)が付属しています。

コマンドプロンプトでコンパイルを行う場合、環境変数PATHにコンパイラへのパスを追加する必要があります。

> set PATH=%PATH%;C:¥Windows¥Microsoft.NET¥Framework¥<SDKのバージョン>

「.NET Framework」単体でコンパイルを実行するには「csc」コマンドを用います。

> csc helloworld.cs

C#アプリケーションの実行

C#アプリケーションを実行するには、生成されたexeファイルを実行します。

> helloworld.exe

Mac(OS X)やLinux環境におけるC#の開発と実行

C#開発環境

MacやLinuxでC#言語の開発を行う場合、「Mono」を利用します。

Monoは.NET Framework互換の環境を実現するためのオープンソースのソフトウェアです。

コンパイラなどが同封されていますので、コマンドラインで開発する場合にはMono単体のみをインストールすれば開発環境が構築できます。


Monoを用いたコンパイル手順

Monoを用いてコンパイルするには「mcs」コマンドを実行します。

mcs helloworld.cs

実行するには以下のコマンドを実行します。

mono ./helloworld.exe

生成するバイナリファイルの名前を指定するには「-out:ファイル名」とします。

mcs -out:TestHelloWorld.exe helloworld.cs

統合開発環境(IDE)を利用する

統合開発環境(IDE)を利用したC#言語の開発ツールとしては、以下が有名です。


関連ページ



スポンサード リンク