C言語システムコール-creat



creatシステムコール

概要

creatは新規にファイルを作成して、書き込み専用でオープンしたファイルディスクリプタを返します。


古いOSでは、openシステムコールでO_CREATフラグが存在しなかったため、openでファイルの新規作成ができませんでした。

2000年以後のOSならば、openシステムコールで新規ファイルを作成できるため、creatシステムコールを使用することはほとんど無くなったといえます。

なお、creatは下記のopenフラグと同等の処理となります。

open(path, O_WRONLY|O_CREAT|O_TRUNC, mode)

サンプルプログラム

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include <errno.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <unistd.h>

/*!
 * @brief     sample
 * @param[in] filepath  ファイルパス名
 * @return    0:success/-1:failure
 */
static int
sample_func(char *filepath)
{
    int fd = 0;

    fd = creat(filepath, 0644);
    if(fd < 0){
        printf("Error: creat() %s: %s\n", strerror(errno), filepath);
        return(-1);
    }

    close(fd);

    return(0);
}

int
main(int argc, char *argv[])
{
    int rc = 0;

    if(argc != 2){
        fprintf(stderr, "Usage: %s <path>\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    rc = sample_func(argv[1]);
    if(rc != 0) exit(EXIT_FAILURE);

    exit(EXIT_SUCCESS);
}


関連ページ




スポンサード リンク