C言語システムコール-poll



pollシステムコール

概要

pollは複数のファイルディスクリプタ(ファイル記述子)を監視/制御します。

pollシステムコールを用いた処理の待ち合わせ制御を「ポーリング(polling)」といいます。


ファイルディスクリプタで処理を待ち合わせるシステムコール(readやacceptなど)を実行すると、データが到着するなどの一連の処理が完了するまでシステムコールから処理制御はリターンされません。

つまり、ファイルディスクリプタへのデータ到着を待ち合わせる場合、待ち合わせ状態のディスクリプタにデータが到着して処理が完了するまでは、他のディスクリプタに到着したデータは処理を見合わせることとなります。

そのような場合にselectシステムコールを利用することで、複数のファイルディスクリプタに対する状態変化を監視して、効率的な待ち合わせ制御を行うことが可能になります。


pollと同等の機能としてselectシステムコールがあります。

pollシステムコールはSystem V系のシステムコールであり、selectはBSD系システムコールです。

selectシステムコールについてはC言語システムコール-selectを参照下さい。


サンプルプログラム

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include <errno.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <poll.h>

/*!
 * @brief  標準入力から標準出力へエコーする
 */
static int
echo_process(void)
{
    ssize_t rnum = 0;
    ssize_t wnum = 0;
    char buf[BUFSIZ] = {"¥0"};

    rnum = read(0, buf, sizeof(buf));
    if(rnum < 0){
        printf("Error: read(%d) %s\n", errno, strerror(errno));
        return(-1);
    }

    wnum = write(1, buf, rnum);
    if(wnum < 0){
        printf("Error: write(%d) %s\n", errno, strerror(errno));
        return(-1);
    }

    return(0);
}

/*!
 * @brief     標準入力を待ち合わせる。
 * @param[in] filepath  ファイルパス名
 * @return    0:success/-1:failure
 */
static int
select_stdin(void)
{
    int rc = 0;
    struct pollfd fds[1];

    fds[0].fd      = 0;
    fds[0].events  = POLLIN;
    fds[0].revents = 0;

    /* 待ち合わせ時間 : 3.5秒 */
    rc = poll(fds, 1, 3500);
    if(rc < 0){
        printf("Error: poll() %s\n", strerror(errno));
        return(-1);
    }else if(rc == 0){
        /* タイムアウト */
        printf("CAUTION: timeout\n");
        return(-1);
    }

    if(fds[0].revents & POLLIN){
        /* 待ち合わせに到着 */
        echo_process();
    }

    return(0);
}

int
main(int argc, char *argv[])
{
    int rc = 0;

    if(argc != 1){
        fprintf(stderr, "Usage: %s\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }

    rc = select_stdin();
    if(rc != 0) exit(EXIT_FAILURE);

    exit(EXIT_SUCCESS);
}


関連ページ



スポンサード リンク