C++言語



概要

C++はC言語をもとにして、1979年にAT&Tベル研究所のBjarne Stroustrup(ビャーネ・ストロヴストルップ)氏によって設計された言語です。(当初「C with Classes」という名前でしたが、1983年に「C++」という名称に変更されました。)

C言語とC++言語の最大の違いは、「クラス」を用いることができるという点です。クラスの概念を導入することで、オブジェクト指向プログラミングが可能となっています。


文法

基本文法(C++入門)

基礎的な文法はC言語と同じですので、習得するにはまずC言語を学んだ方が効率的です。

以下は拡張された機能を中心とするC++文法について記述しています。


応用文法

C++は複雑に機能追加を繰り返し続けており、あまり頻繁には利用しない機能が多くあります。

適切に利用することで効率的な開発を行うことができる機能について以下に記載します。


C++の参考サイト


関連ページ




スポンサード リンク