Eclipse操作



ワークベンチ

開発の基本画面のことをワークベンチと呼びます。

ワークベンチは様々な部品の土台であり、ワークベンチ上にはメニューバーやビュー、エディタなどが表示されます。


プロジェクト

プロジェクトは一連のプログラムやその他の情報を管理します。

EclipseのJDTでJavaアプリケーションを作成する時にはプロジェクトという単位で管理します。


プロジェクトの作成

File→New→Projectから任意のプロジェクトを選択します。

プロジェクトが作成後、パッケージ・エクスプローラー・ビューから作成したプロジェクトが追加されていることが確認できます。


プロジェクトを閉じる

現在使用しないプロジェクトを操作させないようにするために、プロジェクトを閉じることが出来ます。

「プロジェクト」メニューの中の「プロジェクトを閉じる」をクリックします。

プロジェクトを閉じると、パッケージ・エクスプローラーで表示されているディレクトリが展開することが出来なくなります。


プロジェクトの削除

「コンテンツを削除しない」をチェックしていると、パッケージ・エクスプローラーからプロジェクトは削除されますが、

ソースコードなどのプロジェクトコンテンツはワークスペースに設定されているディレクトリに残ります。

インポートを行うことで、再度プロジェクトを読み込むことが可能です。


ビルドについて

デフォルトのJDTの設定ではソースコードを保存すると自動的にプロジェクトがビルドされます。


自動ビルドを停止させる場合には「プロジェクト」→「自動的にビルド」のチェックを外します。


ビルド前に作成されたクラスを全て破棄し、最初から全ファイルをコンパイルし直すにはプロジェクトのクリーンを行ってください。




スポンサード リンク