Haskell-演算子



Haskell-四則演算

四則演算

Prelude> 3 + 2
5
Prelude> 3 - 2
1
Prelude> 3 * 2
6
Prelude> 3 / 2
1.5

他の関数型言語のように前置形式で記述する場合、演算子を()で囲みます。

Prelude> (+) 3 2
5
Prelude> (-) 3 2
1
Prelude> (*) 3 2
6
Prelude> (/) 3 2
1.5

累乗

Int型の累乗を計算します。

Prelude> 3 ^ 2
9

Double型の累乗を計算します。

Prelude> 3 ** 2
9.0

除算の余り

余りを求める場合、mod関数を利用します。

Haskellでは「``」(backquote)で囲むことで、関数を中置演算子として扱うことができます。

Prelude> 3 `mod` 2
1
Prelude> mod 3 2
1

Haskell-比較演算

比較演算は、Bool値を返します。

同値性 (文字列の内容が同じかどうか)

等しくないことの判定は「/=」であり、「!=」ではありません。

Prelude> "str" == "str"
True
Prelude> "str" == "msg"
False
Prelude> "str" /= "str"
False
Prelude> "str" /= "msg"
True

大小関係

Prelude> 1 < 2
True
Prelude> 1 > 2
False
Prelude> 1 <= 2
True
Prelude> 1 >= 2
False

Haskell-論理演算

論理演算はBool値(TrueとFalse)のみを扱います。

Prelude> False || True
True
Prelude> (||) False True
True
Prelude> False && True
False
Prelude> (&&) False True
False
Prelude> not True
False
Prelude> not False
True

関連ページ



スポンサード リンク