Java-パッケージ



Java パッケージとは

パッケージとは、関連するクラスをグループ化したものであり、クラスのライブラリといえます。

関連するクラスをディレクトリに配置し、階層とクラス名を指定して利用します。


以下のような標準クラスが用意されていますが、これらも機能カテゴリごとに分類され、 パッケージ化されています。

java.lang Javaの中核を成す機能を担うクラス群
java.util ユーティリティー機能を提供するパッケージ
java.net ネットワーク機能を提供するパッケージ
java.io 入出力機能を提供するパッケージ
java.awt Javaの基本的なGUI機能(AWT:Abstract Window Toolkit)を提供するパッケージ
java.awt.event AWTの中でもイベントの機能(ボタンが押された場合など)を提供するパッケージ

パッケージの作成

パッケージキーワードを使用して、クラスをパッケージのグループ要素に追加できます。

パッケージは、コンパイル時に作成されるクラスファイルのフォルダとしての役割を宣言しているので、パッケージ名と同じディレクトリ配下にクラスファイルを配置する必要があります。

> ls test
Test1.class /* test.Test1 */
Test2.class /* test.Test2 */

Sampleクラスはtestにパッケージします。

package test;
public class MySample {
    /* class定義 */
}

パッケージの使用

別パッケージ内で宣言されたクラスを使用するには、importキーワードを指定します。

import test MySample;
public class MyClass extebds MySample{};

完全なクラス名を指定することでも利用できます。

public class MyClass extends text.MySample{}

環境変数 CLASSPATH

JVMは実行に必要なクラスを環境変数「CLASSPATH」に指定されたパスから検索します。


コンパイル(javac)やインタプリタ(java)使用時にオプション指定することも可能です。

javac -classpath $directory $xxxx.java
java -classpath $ directory $class

パッケージ名

パッケージ名は実行するクラスが一意になるように指定する必要があります。

インターネットドメイン名の要素を逆に記述したパッケージ名(例えば、jp.co.xxxxなど)が慣例的に指定されます。


関連

Java言語





スポンサード リンク