Mac-ctags設定



Macにctagsをインストールする

Macにデフォルトインストールされているctagsは、再帰的にインデックスを作成するオプション「-R」やバージョンを表示するオプションすら存在せず、使い物になりません。

$ ctags
usage: ctags [-BFadtuwvx] [-f tagsfile] file ...

Macportsからctagsを新規にインストールします。


ctagsのインストール

1 Macportsのアップデート

$ sudo port selfupdate

2 確認します。

インストールするctagsを確認します。

$ port info ctags
ctags @5.8, Revision 1 (devel)
Variants:             universal

Description:          Exuberant Ctags generates an index (or tag) file of source
                      language objects in source files that allows these items
                      to be quickly and easily located by a text editor or other
                      utility. Alternatively, it can generate a cross reference
                      file which lists, in human-readable form, information
                      about the various objects found in a set of source code
                      files. Supported languages include: Assembler, AWK, ASP,
                      BETA, Bourne/Korn/Zsh Shell, C, C++, COBOL, Eiffel,
                      Fortran, Java, Lisp, Lua, Make, Pascal, Perl, PHP, Python,
                      REXX, Ruby, S-Lang, Scheme, Tcl, Vim and Yacc.
Homepage:             http://ctags.sourceforge.net/

Platforms:            darwin, freebsd
License:              GPL-2
Maintainers:          mww@macports.org, openmaintainer@macports.org

3 ctagsをインストールする

$ sudo port install ctags

4 Macportsで取得したctagsを利用するように設定する。

ターミナルを開き直すだけで、Macportsから取得したctagsが優先実行されるように設定されます。

コマンドの実行優先度は以下のコマンドで確認します。

$ type ctags
ctags is /opt/local/bin/ctags

古いものを利用している場合、以下のようなパス(/usr/bin/ctags)が表示されます。

コマンド名を変更するなどの対応を行う必要があります。

$ type ctags
ctags is hashed (/usr/bin/ctags)

以上でctagsの設定が完了します。

使い方についてはctagsを参照下さい。


関連ページ



スポンサード リンク