Mac-iTerm設定



iTerm日本語の設定

iTermはデフォルトでは日本語の入力・表示が出来ません。


表示設定

iTermでEncodingをUnicode(UTF-8)にして、ls に -v オプションを入れると日本語ファイル名のものも表示が出来るようになります。

lsを実行する際に毎回オプションを入れるのは面倒なので、.bashrcに以下の行を追加。

alias ls='ls -vF'

入力設定

日本語を入力するためには~/.inputrcに以下の記述します。

set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

lsに色をつける

ホームディレクトリのシェル設定ファイル(「.bashrc」など)を編集します。

エイリアスの設定

lsコマンドに「-G」オプションをつけることでディレクトリ一覧をカラーで表示できます。

alias -GwF

色の設定

環境変数「LSCOLORS」を設定します。

GNU lsコマンドならば環境変数「LS_COLORS」ですが、BSD系では「LSCOLORS」を用います。


デフォルトの値は「exfxcxdxbxegedabagacad」です。

「man ls」コマンドで詳細を参照できます。


export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=gxfxcxdxbxegedabagacad

関連

Macintosh設定





スポンサード リンク