Mac-portコマンド



portコマンドとは

MacPortsとは

MacPortsはMacOSXでパッケージ管理システムを行うためのソフトウェアです。

FreeBSDのportsコマンドと同様であり、Unix系コマンドの取得を行うことができます。

インストール手順についてはMacPortsインストールを参照下さい。


MacPortsの更新

portコマンドを用いて、ソフトウェアをインストールするなどの作業を行う場合には、まず更新処理を行う必要があります。

ローカルコンピュータ内部のportsデータベースが古い場合には、portコマンド実行時に最新版に更新するように警告されます。


更新コマンド

MacPorts本体とportsデータベースを更新します。

内部的に「port sync」コマンド処理を同時に実行します。

$ sudo port selfupdate

portsのデータベース (Portfile/patch) のみを更新する。

通常はselfupdateコマンドを使用して更新しますが、特殊な事情の場合にのみ下記コマンドを使用します。

# port sync

MacPortsでのソフトウェア操作

ソフトウェアの検索

指定したソフトウェアを検索します。

# port search $package

インストール

portコマンドでインストールを行うと、依存関係の解決、ソースコードのダウンロード、コンパイル、インストールなどの作業が自動で行われます。

# port install $package

なお、インストールを行う際はコンピュータの管理者権限が必要です。

権限のない一般ユーザでportコマンドを実行すると、以下のエラーメッセージが表示されます。

$ port install nmap
Error: Insufficient privileges to write to MacPorts install prefix.

アンインストール

アンインストールを実行します。

# port uninstall $package

アップグレード

指定ソフトウェアを更新します。

# port upgrade $package

インストール済みソフトウェア全てを更新する場合には下記コマンドを実行します。

# port upgrade installed

アップグレード可能なソフトウェアを表示する場合には下記コマンドを実行します。

# port outdated

インストール済みソフトウェアの表示

# port installed

deactivateとactivate

ソフトウェアを完全に削除せずに一時的に有効/無効にする機能となります。

# port deactivate $package
# port activate $package

variantsの表示

variantsはソフトウェアをインストールする際に追加機能を選択することできます。

# port variants $package

Macportsのクリーンアップ

インアクティブなソフトウェアのアンインストール

# port -u uninstall

インストール済みソフトウェアのソースコードと作業ファイルを削除

# port clean --all installed


関連





スポンサード リンク