NetBSDコンパイルについて



Anoncvsを用いてNetBSD-currentのソースツリーを取得します.


(csh)

# setenv CVSROOT :pserver:anoncvs@anoncvs.netbsd.org:/cvsroot
# cd /usr
# cvs login
anoncvs             passwd 入力
# cvs co -P src     ソースツリー全体をチェックアウト

pkgsrcの取得

# cd /usr
# cvs -z5 co -P pkgsrc

pkgtools/pkg_installのインストール

editors/vim をインストールしようとするとpkgtools/pkg_installを


# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/pkg_install
# make
# make install
# make clean

ソフトのインストール

editors/vim

# cd /usr/pkgsrc/editors/vim
# make
# make install
# make clean

shells/bash2

# cd /usr/pkgsrc/shells/bash2
# make
# make install
# make clean

sudo

# cd /usr/pkgsrc/security/sudo
# make
# make install
# make clean
# vi /usr/pkg/etc/sudoers      自分をrootになれるようにする
[/usr/pkg/etc/sudoers]
user-name ALL=(ALL) ALL

screen

# cd /usr/pkgsrc/misc/screen
# make
# make install
# make clean

ツール群の作成

# cd /usr/src
# ./build.sh tools

カーネルの作成

# cd /usr/src
# ./build.sh kernel=GENERIC
# cd /usr/src/sys/arch/i386/compile/obj/GENERIC
# make install

正しくインストールできれば,リブートする.


はじめてユーザーランドを構築する場合:

# mkdir /usr/obj
# cd /usr/src
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-build-20030622 build > log.build 2>&1
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-build-20030622 install=/ > log.install 2>&1

CVS update の後、ユーザーランドのバイナリーを更新する場合:

# cd /usr/src
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-new-build -O /usr/obj -T /usr/tools -u build
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-new-build -O /usr/obj -T /usr/tools -u install=/

editor

/usr/pkgsrc/editors 以下で展開して jvim3 のディレクトリに降りてから make して下さい。


関連

UNIX-OS設定





スポンサード リンク