RubyOnRails-データベースの作成



Ruby On Rails データベース概要

Railsアプリケーションを作成する時、明示的に指定しなければデータベースとして「SQLite」を使用するように設定されます。

アプリケーションからデータベースを利用する時の設定は「config\database.yml」ファイルに記載されます。


データベースを指定する。

指定データベースを使用する場合は、Railsのアプリケーション作成時にオプション指定します。

rails new アプリケーション名 -d データベース
rails new アプリケーション名 --database=データベース

Railsで指定可能なデータベースは以下の通りです。


データベース設定「config\database.yml」ファイル

Railsではアプリケーション実行に際して「開発、テスト、本番」という3モードが用意されています。

実行モードによって、使用するデータベースを使い分けることができます。

development:
  実行モードが「開発」の設定

test:
  実行モードが「テスト」の設定

production:
  実行モードが「本番」の設定

設定ファイルの項目は以下の通りです。

adapter:  使用するデータベース種類
database: データベースファイル名
pool:     コネクションプーリングで使用するコネクションの上限
timeout:  タイムアウトまでの時間(ms)
encoding:  文字コード
reconnect: 再接続するかどうか
username:  ユーザー名
password:  パスワード
host:      MySQLが動作しているホスト名

Ruby On Rails データベースの作成

データベースの作成

アプリケーションルートで以下のコマンドを実行すればデータベースが作成されます。

rake db:create

コンソールツール

現在のデータベースの設定に従い、SQLiteのコマンドラインツールが起動します。

rails dbconsole

関連

RubyOnRails

RubyOnRails-データベースの作成

RubyOnRails-モデルの作成

RubyOnRails-マイグレーション



スポンサード リンク