Ruby文法



文字コードの指定

putsメソッドなどの文字列の表示において、文字化けすることがあります。

文字コードを指定する実行オプションを付加することで正常に表示することができます。

ruby -Ks $script
オプション 文字コード
-Ks Shift_JIS
-Ku UTF-8
-Ke EUC-JP

コメント

コメントを表す記号は「#」となります。

必ず行末までコメントアウトされます。行の途中のみコメントとすることはできません。

複数行をコメントとする場合には「=begin」と「=end」で囲みます。


コマンドライン引数

ARGVという配列オブジェクトを使います。

配列要素である各引数のデータ型は文字列となります。

print ARGV[0]

変数

ローカル変数 文字列先頭がアルファベットの小文字またはアンダーバー「_」で始まります。
グローバル変数 文字列先頭が「$」で始まります。
インスタンス変数 文字列先頭が「@」で始まります。
クラス変数 文字列先頭が「@@」で始まります。
擬似変数 「true」や「false」や「self」など予約された変数です。
定数 文字列先頭がアルファベットの大文字であると定数となります。

イテレータ(iterator)

反復処理を記述するRuby特有のメソッドです。

「iterate」は繰り返すという意味です。


timesメソッド

指定回数分だけ処理を繰り返します。

回数は「0」から開始されます。

繰り返す回数.times { |回数|
  繰り返す処理
}

eachメソッド

配列の全要素をそれぞれアクセスします。

配列.each { |変数(配列要素)|
  繰り返す処理
}

ハッシュ

ハッシュは「{}」で囲むだけで利用できます。

table = {"key1" => "value1", "key2" => "value2"}
print table["key1"]

イテレータでアクセスする場合には以下の通りです。

ハッシュ.each { キー変数, 値変数|
  繰り返す処理
}

繰り返しの制御

繰り返しやイテレータの制御命令が以下の3つあります。

break 繰り返しを中断して、ループを抜けます。
next 次の繰り返し条件に処理を移行します。
redo 再度同じ条件で繰り返し処理をやり直します。


関連ページ




スポンサード リンク