TypeScript_制御構文



条件分岐

if文

TypeScriptのif文はJavaScriptと同じです。(else if形式)

let num: number = 5;

if (num < 5) {
  console.log('The num is less than 5.');
} else if (num > 5) {
  console.log('The num is greater than 5.');
} else {
  console.log('The num is 5.');
}

if not文

下記条件が true になるのは、「null, undefined, 0, 空文字(''), false」になります。

if (!hoge) { ... }

switch文

switch文はJavaScriptと同じです。

let x: any = null;
x = true;

switch (typeof x) {
  case 'number':
    console.log('number');
    break;
  case 'string':
    console.log('string');
    break;
  case 'boolean':
    console.log('boolean');
    break;
  default:
    console.log('others');
    break;
}

反復処理

while文

式の値がtrueである間、文を繰り返し実行します。式の値判定は反復前(前判断型)です。

while (condition) {
  ...
}

do - while文

式の値がtrueである間、文を繰り返し実行します。式の値判定は反復後(後判断型)です。

do {
  ...
} while (condition)

for文

初期設定、繰り返しの条件、毎回の繰り返しの後に実行する処理をまとめて書ける文。一定回数の繰り返し処理によく使われる。

let arr = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f'];
for (let i = 0, len = arr.length; i < len; i++) {
  console.log(arr[i]);
}

for - in文

オブジェクトの全プロパティの値に対して反復処理を行います。

const arr: number[] = [10, 20, 30];
for (const i in arr) {
  console.log(arr[i]);
}

for - of文

for-of 文はfor - in文と同様に「イテレータの繰り返し処理」に使われます。

for-of 文をサポートしていないブラウザが存在するため、使用には注意が必要です。

const arr = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f'];
for (const value of arr) {
  console.log(value);
}

関連ページ



スポンサード リンク