VBScript-コマンドライン引数



VBScriptのコマンドライン引数

VBScriptでは、WScript.Argumentsを利用することでコマンドラインの情報を取得できます。


引数の数を取得する

VBScriptのコマンドライン引数の数を取得するには「WScript.Arguments.Count」を利用します。


例えば、引数がなければエラーとする場合には以下のように記述します。

if WScript.Arguments.Count = 0 then
    WScript.echo("too few arguments.")
    WScript.Quit(-1)
end if

コマンドライン引数を指定数(ここでは2つ)必要とする場合には、以下のように記述します。

if WScript.Arguments.Count <> 2 then
    WScript.echo("usage: script.vbs arg1 arg2")
    WScript.Quit(-1)
end if

引数の値を取得する

WScript.Argumentsは配列データ構造となっています。

添字を指定することで、任意の引数を取得することができます。

Option Explicit

dim arg1,arg2

if WScript.Arguments.Count = 0 then
    WScript.echo("too few arguments.")
    WScript.Quit(-1)
end if

arg1 = WScript.Arguments(0)
arg2 = WScript.Arguments(1)

WScript.echo("arg1 = " & arg1)
WScript.echo("arg2 = " & arg2)

全ての引数の値を取得する

WScript.Argumentsは配列データ構造となっていますので、引数の数だけアクセスすることで全情報を取得できます。

Option Explicit

dim cnt

if WScript.Arguments.Count = 0 then
    WScript.echo("too few arguments.")
    WScript.Quit(-1)
end if
 
For cnt = 0 To WScript.Arguments.Count - 1
    WScript.Echo("arg" & cnt & " = " & WScript.Arguments(cnt))
Next


関連ページ



スポンサード リンク