WPF_INotifyPropertyChangedインターフェース



INotifyPropertyChangedインターフェースとは

INotifyPropertyChanged インターフェイスは、プロパティ値が変更されたことをクライアント (通常はバインド元クライアント) に通知するためのインターフェースです。

INotifyPropertyChanged インターフェイスは、双方向通信(データバインディング)を実現するための主要な要素といえます。


INotifyPropertyChanged.cs

INotifyPropertyChangedは、eventが1つ定義されているだけのシンプルな構成となっています。

namespace System.ComponentModel
{
    public interface INotifyPropertyChanged
    {
        event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;
    }
}

INotifyPropertyChanged インターフェースの実装

ViewModel 基底クラスの作成

INotifyPropertyChanged を継承したViewModel 基底クラス を用意し、ViewModelはこの基底クラスを継承する手法が一般的です。

namespace WpfDevelop
{
    using System.ComponentModel;
    using System.Runtime.CompilerServices;

    /// <summary>
    /// ViewModel 基底クラス を表現します。
    /// </summary>
    public class ViewModelBase : INotifyPropertyChanged
    {
        /// <summary>
        /// プロパティ値が変更されたことをクライアントに通知します。
        /// </summary>
        public event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;

        /// <summary>
        /// PropertyChanged イベント を発生させます。
        /// </summary>
        /// <param name="propertyName">変更されたプロパティの名前</param>
        protected void OnPropertyChanged([CallerMemberName] string propertyName = "")
        {
            if (this.PropertyChanged != null)
            {
                this.PropertyChanged(this, new PropertyChangedEventArgs(propertyName));
            }
        }
    }
}

ViewModel

ViewModelBaseを継承し、setプロパティにおいて「OnPropertyChanged()」を呼び出すように定義します。

namespace WpfDevelop
{
    public class MainWindowViewModel : ViewModelBase
    {
        private string _bindText = string.Empty;
        public string BindText
        {
            get
            {
                return this._bindText;
            }
            set
            {
                this._bindText = value;
                OnPropertyChanged(nameof(BindText));
                return;
            }
        }
    }
}

(備考)xaml

.xaml

<Window x:Class="WpfDevelop.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="480" Width="640">
    <Grid Background="DarkSlateGray">
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="2*"/>
            <RowDefinition Height="1*"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <Label Margin="10" Background="LightGray" Grid.Row="0" Content="{Binding BindText, Mode=OneWay}"/>
        <TextBox x:Name="EditBox" Margin="10" Background="White" Grid.Row="1" AcceptsTab="True" AcceptsReturn="True"
                 Text="{Binding BindText, Mode=TwoWay, UpdateSourceTrigger=PropertyChanged}"/>
    </Grid>
</Window>

xaml.cs

namespace WpfDevelop
{
    using System.Windows;
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();

            MainWindowViewModel vm = new MainWindowViewModel();
            this.DataContext = vm;
        }
    }
}

関連ページ



スポンサード リンク