Windows7-CapsLockをCtrlに変更する



Windows 7でCapsLockをCtrlに変更する


Windows OSでは、レジストリを変更することで、「Caps Lock」を「Control」キーにバインドすることができます。

本手順はWindows Vista、Windows 7 、Windows 8で動作確認しています。


「.reg形式」ファイルを作成する。

regファイルとは、レジストリにインポート可能な形式のテキスト・ファイルの一種であり、Windowsに標準インストールされているメモ帳で作成することができます。

ファイルの拡張子を「.reg」にします。

Caps2Ctrl.reg

regファイルに下記内容を記述します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,02,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00

「.reg形式」ファイルを実行する。

regファイルをダブルクリックすることで実行します。

以上で、コンピュータを再起動させることで「CapsLockキーがCtrl」になり、「CtrlキーはCtrlのまま」使えるキーマップとなります。


設定を元に戻す際は、regeditから [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout] 内の Scancode を削除します。

削除後に再起動することで、元のキーバインドになります。



Caps Lock キーと Control キーを入れ替える

「CapsLockキーをCtrl」として、「CtrlキーをCaps Lock」とする場合には以下のregファイルを実行します。

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,3a,00,1d,00,00,00,00,00


関連ページ



スポンサード リンク