Windowsバッチファイル演算子



四則演算

Windowsバッチファイルにおける四則演算は以下の通りです。

SET /A num=1+1
SET /A num=1-1
SET /A num=1*2
SET /A num=1/2

余りの求め方

コマンドラインで実行する場合は「%」、バッチファイルで実行する場合は「%%」を指定します。

SET /A num=3%2

インクリメントとデクリメント

インクリメント(変数の値を1増やす)とデクリメント(変数の値を1減らす)は以下の通りです。

SET /A num+=1
SET /A num-=1

コマンドプロンプトの比較演算子

数値の比較

比較演算子は、以下の通りです。なお、比較演算子は、左辺を基準にして考えて使用する必要があります。

A EQU B 等しい( = )
A NEQ B 等しくない( NOT = )
A LSS B ~より小さい( < )
A LEQ B ~以下( <= )
A GTR B ~より大きい( > )
A GEQ B ~以上( >= )

文字列の比較

IF文と「==」を用います。

IF [NOT] [/i] 文字列1 == 文字列2 (真の場合に実行するコマンド)
ELSE 偽の場合に実行するコマンド

コマンドプロンプトのファイル存在確認

ファイルが存在するか確認することができます。

IF [NOT] EXIST ファイル名 (真の場合に実行するコマンド)
ELSE 偽の場合に実行するコマンド

ビット演算子

A & B  - ビット演算子 AND
A ^ B  - ビット演算子排他的 OR
A | B  - ビット演算子 OR

シフト演算子

論理シフトは以下の通りです。

set /a "2<<10"
set /a "1024>>4"

論理演算子

該当する演算子はありません。


関連ページ



スポンサード リンク