androidNDK開発環境構築



Android NDK(Native Development Kit)とは

android NDKを利用することで、C/C++言語でandroidアプリケーションを作成することができます。

ただし、SDKとの併用が前提であり、android NDKによって生成される実行バイナリ(ネイティブコード)をJava言語から呼び出すアプリケーション構成となります。


JNI(Java Native Interface)とは

Java言語で開発されたプログラムから、他の言語で開発されたネイティブコード(特定のプラットフォームでそのまま実行可能なプログラム)のプログラムを利用するためのAPIとなります。

C/C++言語などで実装された既存のライブラリを利用できる、パフォーマンスを向上できるなどの利点があります。

詳細はJNIを参照下さい。


メリットとデメリット

NDKを利用することの最大のメリットはネイティブコードがandroidアプリケーションで利用できることであり、Java言語を用いるよりも高速に処理が実行できます。また、過去のC/C++ソースコード資産を再利用できるようになる点が挙げられます。


デメリットとしては、実行ファイルにネイティブコードが含まれるため、実行バイナリがハードウェア(CPU)に依存してしまうことです。

ARMやMIPSなどのアーキテクチャのCPUで動作させるには、ユーザのハードウェアに合わせた実行バイナリを用意する必要があります。

複数アーキテクチャに対応するために、複数実行バイナリを用意したパッケージ(apkファイル)を作成した場合、ファイルサイズは大きくなってしまいます。


Android NDKのインストール

Android NDKの取得

Android NDK downloadからNDKを取得します。

実行環境に合わせたパッケージを取得します。


Android NDKインストール

tarファイルを解凍し、任意の場所に配置します。

$ tar xvf android-ndk-r8-darwin-x86.tar.bz2 
$ mv android-ndk-r8 /Developer/.

パスの追加(.bashrcなどに記述)を行います。

export $PATH=$PATH:/Developer/android-ndk-r8

以上でインストール作業は終了します。


関連

android





スポンサード リンク