vim-タブ文字の入力



vimでタブ文字を入力する。

Vimエディタの設定ファイルで「:set expandtab」を設定している場合、入力モードでTabキー押下時にはタブ文字ではなく、半角スペースが挿入されるようになります。

Makefileの編集などといったタブ文字が特別な意味を持つ場合には、正しくタブ文字を入力しなければ文法エラーとなります。


一時的にタブ文字を入力したい場合、以下の解決方法があります。



「:set expandtab(:set et)」設定の時に、タブ文字を挿入する

わざわざ設定を変更せずにタブ入力する方法は以下の通りです。

(入力モードにする)
[Ctrl + v]を押した後に[tab]キーを入力します。


一時的に「:set expandtab(:set et)」設定を無効にする

複数回タブ文字を入力しなければならない場合には、一時的に設定を変更することが効率的です。

:set noet


モードラインを設定する

Vimエディタにはモードラインという機能があります。

ファイルの先頭行(または最下位行)に以下の記述を指定することで、当該ファイルのみ「set noexpandtab」の設定を有効にできます。

# vim:set noexpandtab :

vimでタブとスペースを変換する。

タブを含むスペースの羅列をタブに変換する

:retab
(:retと省略可)

スペースのみの羅列もタブに変換する

:retab!
(:ret!と省略可)。

関連ページ



スポンサード リンク