vim-バイナリ表示



vimでバイナリ表示する。

(1)vimをバイナリモードで起動する。

オプション「-b」を指定することで、バイナリモードで起動します。

$ vim -b filename

(2)16進数ダンプ形式に変換する。

vimに付属のxxdコマンドを使用して、16進数ダンプ形式に変換します。

vimのコマンドモードで以下を実行します。

:%!xxd

vimでバイナリ編集する。

(1)vimをバイナリモードで起動する。

オプション「-b」を指定することで、バイナリモードで起動します。

$ vim -b filename

(2)16進数ダンプ形式に変換する。

vimに付属のxxdコマンドを使用して、16進数ダンプ形式に変換します。

:%!xxd

(3)16進数ダンプ形式を編集する。

通常のテキストファイルを編集する場合と同様に、任意にデータを編集します。

なお、16進数部分を変更しても、テキスト部分は更新されません。(逆も同様です。)


(4)16進数ダンプ形式からテキストに変換する。

編集が済んだら変換し、テキストに戻します。

:%!xxd -r

16進数部分への変更だけが反映されます。

右側のテキスト部分への変更は無視されます。



unixでのバイナリ表示コマンド

unixコマンドとしては、以下のコマンドでバイナリ表示(16進数)ができます。

$ hexdump -C filename
00000000  3b 0a 3b 6e 61 73 6d 20  2d 66 20 6d 61 63 68 6f  |;.;nasm -f macho|
00000010  20 68 65 6c 6c 6f 2e 61  73 6d 0a 3b 67 63 63 20  | hello.asm.;gcc |
00000020  2d 6d 6d 61 63 6f 73 78  2d 76 65 72 73 69 6f 6e  |-mmacosx-version|

$ xxd filename
0000000: 3b0a 3b6e 6173 6d20 2d66 206d 6163 686f  ;.;nasm -f macho
0000010: 2068 656c 6c6f 2e61 736d 0a3b 6763 6320   hello.asm.;gcc 
0000020: 2d6d 6d61 636f 7378 2d76 6572 7369 6f6e  -mmacosx-version

関連ページ



スポンサード リンク