viのsetコマンド一覧



設定コマンド

コマンドモードで「:set」と入力するとviの設定を行えます。

設定を永続化するには設定ファイルに記載してください。


設定コマンドは数多く存在しますので、以下などを参照ください。

http://www.kawaz.jp/pukiwiki/?vim%2Foptions


よく使う設定コマンド

:set noignorecase 検索パターンにおいて大文字と小文字を区別しない。 有効:ignorecase/無効:noignorecase
:set smartcase 検索パターンに大文字が含まれている場合は区別して検索する 有効:smartcase/無効:nosmartcase
:set autoindent インデント機能を有効化する。 有効:autoindent/無効:noautoindent
:set tabstop=4 ファイル内のTabが対応する空白の数。
:set softtabstop=4 Tabの挿入やBSの使用等の編集操作をするときに、Tabが対応する空白の数。
:set shiftwidth=4 インデントの各段階に使われる空白の数。
:set noexpandtab Tabを挿入するとき、代わりに適切な数の空白を使う。 有効:expandtab/無効:noexpandtab
:set textwidth=0 入力されているテキストの最大幅。行がそれより長くなると、この幅を超えないように空白の後で改行される。値を 0 に設定すると無効になる。
:set wrap ウィンドウの幅より長い行は折り返され、次の行に続けて表示される。 有効:wrap/無効:nowrap
:set wrapscan 検索がファイル末尾まで進んだら、ファイル先頭から再び検索する。 有効:wrapscan/無効:nowrapscan
:set showmatch 閉じ括弧が入力されたとき、対応する開き括弧にわずかの間ジャンプする。 有効:showmatch/無効:noshowmatch
:set number 毎行の前に行番号を表示する。 有効:number/無効:nonumber
:set ruler カーソルが何行目の何列目に置かれているかを表示する。 有効:ruler/無効:noruler
:set list タブ文字を CTRL-I で表示し、行末に $ で表示する。 有効:list/無効:nolist
:set laststatus=2 最下ウィンドウにいつステータス行が表示されるかを設定する。 0: 全く表示しない/1: ウィンドウの数が2以上のときのみ表示/2: 常に表示
set showcmd コマンドを画面の最下行に表示する。 有効:showcmd/無効:noshowcmd
:set nobackup ファイルを上書きする前にバックアップを作る。 有効:backup/無効:nobackup


関連

viエディター

viの基本操作

viの応用操作

viの正規表現

viの画面分割

viのFileExplorer

viのコマンド実行

viのsetコマンド一覧

viの文字コードについて

viの設定ファイル





スポンサード リンク