viエディター



viとvimについて

UNIXにおいて、vi以前に主流だったエディタは行単位で編集するラインエディタ「ed」でした。

viは「ed」の拡張版として、参照状態と編集状態を切り替えるモード型の「visual」エディタとして作られました。

vimは「Vi IMproved」の略で、viクローン(viエディタの派生)としてUNIX系ディストリビューションとしては最も有名です。


Vimperator

WEBブラウザ「Mozilla Firefox」の拡張機能(Addon)で、vimのキーバインドでFirefoxの操作を可能にしています。


操作・設定関連

標準操作について


特殊操作について


設定について


vimの操作


その他

コンパイル手順

vimコンパイル手順


タブの入力方法

設定ファイルで「:set expandtab」と設定しておくと、入力モードで「Tab」キー押下時やインデントの際、タブ文字ではなく半角スペースが挿入されるようになります。

例えばMakefileなどタブに特別な意味がある場合、スペースの入力ではエラーが発生することがあります。

タブ文字を挿入する場合には入力モードで以下のように入力します。

[Control + v]押下後に、タブキーを押下します。



スポンサード リンク