wgetコマンドの使い方



wget コマンド とは

wgetとは、コマンドラインでHTTPやFTP経由のファイル取得を行うUNIXコマンドです。

Webのリンク先を階層指定で一括取得することができ、コンテンツをオフラインで読んだり、ミラーサイトを作ることが可能です。

また、ダウンロードが途中で止まってしまった場合は、途中からやり直すレジューム機能があります。


wgetのインストール

gnuコマンドの配布サイト(ftp://gnjilux.cc.fer.hr/pub/unix/util/wget/)から取得します。

configure/makeコマンドでバイナリを作成します。

# tar zxvf wget-X.X.X.tar.gz
# cd wget-X.X.X
# ./configure
# make
# make install 

wgetの使い方

WebサイトからHTMLをダウンロードする。

wget -r -l $num $URL
: num = リンクを辿る回数

トップページをダウンロードしたい場合、以下のコマンドでカレントディレクトリにindex.html というファイルがダウンロードされます。

# wget http://www.sample.com/index.html

サイトごとダウンロードする場合は -r

# wget -r http://www.sample.com/

大きいファイルで途中でダウンロードが止まった場合は「-c」オプションでレジューム(再開)処理を行います。

# wget -c http://www.sample.com/index.html

関連

UNIX-OS設定

UNIXコマンド





スポンサード リンク