シェルの文字コード設定



シェルの文字コード設定

現在の文字コードを確認する。

LANG環境変数の値を調べます。

$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

システムとして設定できる文字コードを調べる。

日本語であれば、grepコマンドで絞り込みます。

$ locale -a | grep ja
ja_JP
ja_JP.eucJP
ja_JP.SJIS
ja_JP.UTF-8

文字コードを一時的に設定する。

利用シェルがB系シェル(bashなど)であればexportコマンドで環境変数を設定します。

EUCコードに変更します。

$ export LANG=ja_JP.eucJP
$ echo $LANG
ja_JP.eucJP

利用シェルがc系シェル(csh, tcshなど)であればsetenvコマンドで環境変数を設定します。

% setenv LANG ja_JP.SJIS
% echo $LANG
ja_JP.SJIS

文字コードを恒久的に設定する。

シェルの起動スクリプトに記述します。

$ vi ~/.bashcr

#
#  Language
#
export LANG='ja_JP.UTF-8'
export LC_ALL='ja_JP.UTF-8'
export LC_MESSAGES='ja_JP.UTF-8'


関連ページ



スポンサード リンク