シェルスクリプト



シェルスクリプトについて

シェルについて

シェル(shell)は、端末(ユーザー)からの入力内容を解釈し、プログラムの起動や制御などを行うプログラムです。

UNIX系OSで、CUI(コマンドラインのインターフェース)を利用する際に、ユーザから要求される処理の仲介を行います。


シェルスクリプトとは

シェルスクリプト (shell script)とは、複数のコマンド処理をファイルに列挙的に記述し、一括実行できるようにしたスクリプトファイルです。

シェルスクリプトはプログラムの制御構造なども使用できるため、柔軟な処理が可能です。


BシェルとCシェル

シェルには「B系シェル」と「C系シェル」がよく使われています。

B系シェルは、「Borneシェル」という初期のUnixから使用されているシェルの派生バージョンであり、「bash」コマンドなどが有名です。

C系シェルは、CシェルというUnixが発展していく過程で開発されたシェルの派生バージョンで、Cプログラミング言語に似た文法が使えます。「tcsh」などが有名です。


B系シェルの「shコマンド」が解釈できるシェルスクリプトのことを「shスクリプト」と呼び、C系シェルの「cshコマンド」が解釈できるシェルスクリプトのことを「csh スクリプト」と呼びます。

shスクリプトとcshスクリプトでは文法が若干異なるため、同一スクリプトファイルを互換実行することはできません。


シェルスクリプトの文法

B系シェルスクリプト

Borneシェル(B系シェル)のshスクリプトについて記載しています。


シェルスクリプトのサンプル


関連ページ



スポンサード リンク