シェルスクリプト制御構文



シェルスクリプト制御構文

シェルスクリプトでは、処理結果により進行処理内容を制御する構文が用意されています。

プログラミング的に制御処理を記述することができます。


if

処理を条件分岐させる場合に「if文」を使用します。

if [ 条件文 ]
then
  実行処理
elif [ 条件文 ]
then
  実行処理
else
  実行処理
fi

case

変数の値によって複数列挙された条件分岐を行う場合には「case文」を使用します。

case 変数 in
  条件文) 実行処理;;
  条件文) 実行処理;;
  条件文 | 条件文) 実行処理;;
  *) 実行処理;;
esac


for

指定回数処理を繰り返し(ループ)実行したい場合には「for文」を使用します。

for 変数 in 引数1 引数2 …
do
  実行処理
done

while

条件が真である限り、繰り返し(ループ)処理を実行したい場合は「while文」を使用します。

while [ 条件文 ]
do
  実行処理
done

until

条件が偽である限り、繰り返し処理を実行したい場合は「until文」を使用します。

until [ 条件文 ]
do
  実行処理
done

関連







スポンサード リンク