デザインパターン



デザインパターンとは

デザインパターンとは、ソフトウェア設計時に起こる典型的な問題とそれに対する解決策を整理し、再利用できるように命名・カタログ化したものです。「このような問題を解決するには、こういう構造のプログラムを書けばいい」という過去のソフトウェア設計者が発見し編み出した設計ノウハウを蓄積しています。

デザインパターンを利用することで、「再利用性の高い柔軟な設計」ができるようになるとともに、プロジェクト内で統一規約をもつこよから「意思疎通が容易になる」という利点を得ることができます。


the Gang of Four(Gof)について

デザインパターンは、1995年に出版された「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」という書籍によって、広く認知されるようになりました。この本の執筆者であるErich Gamma,Richard Helm,Ralph Johnson,John Vlissidesの四人を合わせて「the Gang of Four」と呼び、解説された23のパターンは「GoFの23のパターン」と呼ばれます。


デザインパターンの注意点

設計に行き詰った際には、デザインパターンから良いアイディアを与えてくれるものを参考とすることが薦められています。

無理にパターンをあてはめようとしてしまうことで生産性や効率性を低下させてしまう場合もあります。

適切に用いることで柔軟性の高いソフトウェアを作ることができますが、誤った場合には複雑で柔軟性の低いソフトウェアとなる危険性があります。


GoFの23デザインパターン

生成に関するパターン


構造に関するパターン


振る舞いに関するパターン


その他のデザインパターン

Gofのほかにも以下のようなパターンが提唱されています。



スポンサード リンク