ネットワーク基礎



コンピュータネットワークの規模による分類

コンピュータネットワークは、構築する規模に応じて分類することができます。


LAN (Local Area Network)

LANとは、同じ建物の中にあるコンピュータ、プリンタ、サーバなどを接続してデータをやり取りするネットワークのことです。

LANは「構内通信網」とも呼ばれ、広くても一施設内程度の規模で用いられるネットワークです。


WAN (Wide Area Network)

WAN (Wide Area Network) とは、地理的に離れた場所にあるコンピュータなど相互接続してデータをやり取りするネットワークのことです。WANは「広域通信網」とも呼ばれ、通信事業者が提供するサービス(電話回線、専用線、広域イーサネット、IP-VPNなど)を利用します。


Internet(インターネット)

インターネットとは、世界中のネットワークを相互(inter)接続した巨大なコンピュータネットワークのことです。

通信プロトコルとして「TCP/IP」を利用し、「IPアドレス」と呼ばれる一意のアドレスを使い、ネットワーク内での位置を特定しています。

なお、WWW(World Wide Web)や電子メールは、インターネットをデータ流通網として利用したサービスであり、インターネットそのものではありません。


intranet(イントラネット)

イントラネットとは、インターネット標準技術を用いて構築された「企業内ネットワーク」のことです。

インターネット標準技術とは、プロトコルに「TCP/IP」を利用した電子メールシステム、Webシステムなどのことを指します。

イントラネットは、組織内部(intra)に閉じたネットワーク環境を構築し、限られたユーザのみの利用を許可します。

LANとの違いは、LANはプロトコルを自由に決めることができる広義のネットワークであることに対して、イントラネットはインターネット標準のプロトコルを用いるネットワークであるという違いになります。


ネットワークトポロジー(network topology)とは

ネットワークトポロジーとは、コンピュータネットワークの接続形態のことです。

ネットワーク上においてパソコン、サーバ、スイッチなどの機器(ノード)がどのような形で接続されるのかを表します。


バス型トポロジー

バス型トポロジーは、バスと呼ばれる1本のケーブル(同軸ケーブル)に複数の端末(ノード)を接続しているトポロジーです。

一本の同軸ケーブルの両端にターミネータ(終端抵抗器)を取り付けて、終端での信号の反射、乱れを防ぎます。


スター型トポロジー

スター型トポロジーは、1つの集線装置(ハブやスイッチ)に複数のノードを接続しているトポロジーです。

バス型トポロジーとは異なり、1本のケーブルに障害が発生しても他のノードの通信に影響は出ませんが、集線装置に障害が発生すると全てのノードの通信に影響が出ます。LANにおける主流なトポロジーです。


リング型トポロジー

リング型トポロジーは、複数の端末(ノード)を論理的にリング状に接続しているトポロジーです。

リング内を「トークン」と呼ばれる信号(データ)が高速に巡回しており、データを送信したいノードは、このトークンを捕まえ、トークン内にデータを詰め込んで送信します。


コンピュータネットワークの通信相手数による分類

ユニキャスト

ユニキャストとは、単一のアドレスを指定して、「1対1」で行われるデータ通信です。

ネットワーク内で特定の相手にだけデータを送信します。


マルチキャスト

マルチキャストとは、特定のアドレスを指定して、「1対複数」で行われるデータ通信のこと。

TCP/IPネットワークでは、複数のあて先を指定して一回データを送信すれば、通信経路上のルータがあて先に応じて自動的にデータを複製するので、効率的な配信することができます。


ブロードキャスト

ブロードキャストとは、同じデータリンク内の全宛先を指定し、1対不特定多数で行われるデータ通信です。

ネットワーク内でサーバを探す場合など、限られた用途に使用します。


関連ページ



スポンサード リンク