リースの仕組み



リースについて

リースとは

リースとは、企業(利用者)が必要とする機械設備を企業に代わってリース会社が購入し、利用者に一定期間の契約で有料(リース料)で貸し出すビジネスです。

リース会社はリースを行う際に、利用者がリース料を支払う能力があるかという「与信調査」を行います。


リース形態には以下の分類があります。


リースのメリット


リースのデメリット


リース会社が利益を出す仕組み

基本的に、リース支払い総額は、購入の場合よりも割高となります。

リース料総額 = 物件取得価額 + 諸税 + 資金調達コスト + 保険料 + 手数料

リース会社は手数料や管理コストから利益を得ます。

一方、利用者側はリースによって固定資産税・保険料を支払う必要がなくなるため、資金の有効活用できるメリットがあります。


リース期間終了後に利用者は、物件をリース会社に返却するか、「再リース」で新たに契約を結んで引き続き借り続けるかを選択します。

再リース時のリース料は、当初の契約のものよりはかなり安くなりますが、リース会社にとっては儲けの期間になります。

物件が返却された場合は、機器の状態や耐用年数などを考慮して、機器を転売することがあります。


リースとレンタル

リースはある会社から何らかの物品を借りることです。

レンタルはある会社が既に所有する物品を借りることです。

リースの場合にはその会社があなたの会社の要求に合わせて、新規に購入した物品を借りるところに、違いがあります。


リースはリース会社が契約企業の為に新品を購入するが、レンタルの場合はレンタル会社が既に所持しているものを色々な所に賃貸するシステムであり、新品であるとは限りません。

基本的にリースはレンタルよりも期限が長くなります。

リースの場合、契約期間中に契約破棄を行うと違約金が必要となりますが、レンタルの場合は基本的には違約金が発生しません。



スポンサード リンク