手続き型プログラミング



手続き型プログラミングについて

手続き型プログラミングとは

手続き型プログラミングとは、「データ構造」と「手続き=記述された命令」の集合により構成され、「手続き」を逐次的に実行し、処理の結果に応じて変数の内容を変化させていくプログラミングパラダイムです。

ここでいう「手続き」とは、プロシージャ、ルーチン、サブルーチン、メソッド、関数といったことを意味します。

手続き型プログラミングはモジュール性の高い構造化プログラミングの記述が可能となります。


命令型プログラミングとは

命令型プログラミングは、手続き型プログラミングと同義として扱われます。

命令型のプログラミング言語では、命令が機能の単位であり、命令を順次実行する形式で機能を記述していきます。


そもそも、コンピュータ(ハードウェア)は機械語を実行するよう設計されており、機械語は命令から構成されます。

つまり、ハードウエアの実行メカニズム(チューリングマシン的メカニズム)に沿った以下のパラダイムを持つプログラミングを命令型プログラミング(または手続き型プログラミング)といいます。


プログラミング言語の設計によって、1つの命令文が扱えるデータ構造の粒度や抽象度も大きく変わります。

しかし、「データ構造を構築し、計算を実行するためのアルゴリズムを記述する」というパラダイムは変わらなければ、その言語は命令型プログラミング(または手続き型プログラミング)ということができます。


モジュールについて

モジュールとは、システムを構成する要素であり、複数の部品的機能を集めてまとまりのある機能を持った部品のことを指します。

モジュールに従っているものをモジュラー (modular)という。

なお、プログラムのモジュールは、出来るだけ他のモジュールとの結合度を弱めて、独立性を高めることが望ましいといえます。


手続き型のプログラミング言語

手続き型のプログラミング言語は、手続き(プロシージャ)の概念を持ち、構文として定義していくプログラミング言語を指します。

代表的なプログラミング言語は以下の通りです。


関連ページ



スポンサード リンク