音楽理論_スケール



スケール(音階)について

スケール(Scales)とは

スケールとは、1オクターブの範囲で高さの順に音を並べたものです。

音律により割り出した音をどのように並べるか(音階を作成するか)によって、楽曲の印象が大きく変わります。


現在の音楽では、平均律(12等分平均律)を基準にした音階が多く使われています。


トニック(Tonic)とは

トニックとは、スケールの起点になる音です。

「主音」、「トーナル・センター(tonal center)」とも呼ばれ、スケールの中心(開始音)となる音を指します。

CメジャースケールであればC、DマイナースケールならばDがトニックになります。


リーディング・ノート(leading note)とは

リーディング・ノートとは、トニックの半音下の音です。

「導音」、「サブトニック」などと呼ばれることもあります。

トニックへ導く(主音に行きたがる)性質を持ち、主音に進んで終わりたいという感覚を起こさせる音です。


調(Key)とは

調とは、楽曲を秩序づけている、ある主音を中心に組み立てられた音の体系のことです。

簡単にいえば、主音(トニックの高さ)と音階(スケールの種類)により決まる曲のシステムです。

「曲のキーを半音下げる」といった場合、トニックを半音下げて、同じスケールを使うという意味になります。


音階の性質として、明るい雰囲気の方が「長調(Major)」、暗い方が「短調(Minor)」です。

曲の中心となる調を主調(tonic key)と呼びます。

例えば、Cを主調とするメジャースケールは「Cメジャー(ハ長調)」というキーの基盤となります。


メジャースケール

ナチュラル・メジャー・スケール(自然的長音階)

ナチュラル・メジャー・スケールは、メジャー・キー(長調)の基盤となるスケールです。

現代音楽の基本となる「ドレミファソラシド」の音階です。

3度と4度の間と、7度と8度の間だけ半音になります。

メジャー・スケール  :  P1  M2  M3  P4  P5  M6  M7  P8

マイナースケール

マイナーの楽曲では、以下の3種類のマイナースケールを混用します。

なぜなら、ナチュラル・マイナー・スケールだけでは、音楽的に扱いづらいという理由があります。

例えば、曲の出だしはナチュラル・マイナー・スケールを用いて、曲の終りにハーモニック・マイナー・スケールを用いるといった手法がよく使われます。


ナチュラル・マイナー・スケール(自然的短音階)

メジャースケールを6度から始めるとナチュラル・マイナー・スケールになります。

つまり、メジャースケールの3、6、7度の音を半音下げる構成になります。

メジャー・スケール              : P1  M2  M3  P4  P5  M6  M7  P8
ナチュラル・マイナー・スケール  : P1  M2  m3  P4  P5  m6  m7  P8

このスケールでは「導音」が含まれていないので、曲が終りに向かう感覚が出せない問題があります。そこで、ハーモニック・マイナー・スケールが考案されました。


ハーモニック・マイナー・スケール(和声的短音階)

ナチュラル・マイナー・スケールの7度を導音(リーディングノート)に変更します。

ナチュラル・マイナー・スケール   : P1  M2  m3  P4  P5  m6  m7  P8
ハーモニック・マイナー・スケール : P1  M2  m3  P4  P5  m6  M7  P8

ハーモニック・マイナー・スケールの6度と7度が増2度であり、メロディーとして扱いにくい(不自然)という問題があります。そこで、メロディック・マイナー・スケールが考案されました。


メロディック・マイナー・スケール(旋律的短音階)

ハーモニック・マイナー・スケールの増2度部分(6度と7度)を半音下げる(長2度に変更する)とメロディック・マイナー・スケールになります。

結果、メジャースケールの3度を半音下げる構成となります。

ハーモニック・マイナー・スケール : P1  M2  m3  P4  P5  m6  M7  P8
メロディック・マイナー・スケール : P1  M2  m3  P4  P5  M6  M7  P8
メジャー・スケール               : P1  M2  M3  P4  P5  M6  M7  P8

ナチュラル・マイナー、ハーモニック・マイナー、メロディック・マイナーの3種類は、トニックから5度までは共通です。

マイナーキーの曲では、これらを音楽的表現の必要に合わせて使い分けます。


平行調について

平行調とは「調号が同じ長調、短調の組み合わせ」です。

長音階には必ず、使っている音が同じである短音階が存在します。

平行調は共通の和音が多く有り、転調といえないくらいスムーズに中心音が交替する特徴があります。


短調は、長調の6度上の音の名前になっています。

長音階の第6音を主音とした短音階が平行調です。

短音階の第3音を主音として長音階が平行調です。

調号なし   : C Major       - A Minor
♯1個    : G Major       - E Minor
♯2個    : D Major       - B Minor
♯3個    : A Major       - F Sharp Minor
♯4個    : E Major       - C Sharp Minor
♯5個    : B Major       - G Sharp Minor
♯6個    : F Sharp Major - D Sharp Minor
♯7個    : C Sharp Major - A Sharp Minor
♭1個    : F Major       - D Minor
♭2個    : B Flat Major  - G Minor
♭3個    : E Flat Major  - C Minor
♭4個    : A Flat Major  - F Minor
♭5個    : D Flat Major  - B Flat Minor
♭6個    : G Flat Major  - E Flat Minor
♭7個    : C Flat Major  - A Flat Minor

関連ページ



スポンサード リンク